docomoユーザー必見!楽天モバイルで携帯料金が半額!

docomo(ドコモ)と楽天モバイルを比較!【ギガホ・ギガライトの説明付】

こんにちは、とれぷっとです。

2年前まではドコモで安心して携帯を持っていたのですが、

今更ですが「格安SIM」が気になって調べていました。

とれぷっと

ドコモと比べると格段に安いから、次の更新のタイミングで乗り換えよう!

と思ったので実際に更新のタイミングで乗り換えをしました。

docomo(ドコモ)と楽天モバイルを比較してる方は多いと思うんですけど、

安いのは知ってるんだけど、「実際にどうなの?」ってところで皆さん思ってらっしゃいませんか?

そういう方がいっぱいいると思うので、お伝えしていたいと思います。

先に「ギガホ」「ギガライト」の詳細を知りたい方は、目次で選択してください。

docomo(ドコモ)と楽天モバイルの比較【料金】

大手キャリアの「ドコモ」と格安SIMの「楽天モバイル」で比べると、

どのくらい差があるのか気になりますよね。

ずっとドコモで契約してるから、他には移れない

そういう方も結構いそうな気がします。

通信料は毎月の固定費となりますので、無駄にならないように考えなければいけません。

比較の仕方は色々ありますが、ここでは一番安いプランにしたいと思います。

ドコモ比較対象プランは2019年6月〜スタートの「ギガライト」で合わせたいと思います。

 

プラン データ容量 月額 12カ月 24カ月
ドコモ ギガライト 1GB 1,980円 23,760円 47,520円
楽天モバイル スーパーホーダイ(プランS) 2GB 1,480円 17,760円 35,520円
2年間でその差が12,000円
注意(ドコモ)

ドコモ3回線以上の契約が条件なので、1回線では1,980円になりません。

1回線だけなら月額2,980円です。

注意(楽天モバイル)

楽天モバイル3年契約をしてそのうちの2年間が1,480円になります。

1回線だけの契約でもこの金額になります。

 

簡単な比較ポイント
  • 2年間の利用料金の差は12,000円
  • 楽天モバイルの方が最初から2GB使用できる

 

ドコモ(docomo)のいい所はドコモショップが多数あることが便利だと思います。

店舗に出向けばショップ店員が丁寧に案内してくれますし、

新規契約、機種変更、オプション追加、料金の支払いなどすべて店舗でできるため、

すぐに対応してもらえますよね。その代わり多少利用料金が高いので、難しい所ですね…

 

楽天モバイルでは全国に1箇所以上店舗ありますが、まだまだ少ないですね。

店舗が近くにあればいいのですが、なかなか近くに店舗が無くサービスを受ける事が出来ません。

その代わりではないですが、ネットやアプリの操作が格段と良くなってるのはいい所です。

下記の画像をご覧ください。

 

 

とれぷっと

1画面に知りたい情報が確認できるのがとても見やすいです

楽天市場とも相性が良くて、楽天市場で買い物すると

「楽天スーパーポイント」というポイントがもらえますよね。

楽天モバイル と契約すると、そのポイントが通常よりも多く貯まるのがすごくおすすめです。

楽天モバイルのスーパーホーダイ月額1,480円〜

docomo(ドコモ)料金「ギガホ・ギガライト」【2019年6月〜】

 

2019年6月からドコモが新料金プラン「ギガホ・ギガライト」が登場しました。

シンプルに2択から選べるので、それ自体はわかりやすいです。

この料金は端末料金が入っていませんのでご注意ください。

docomo(ドコモ)の新料金プランを見てみましが…

とれぷっと

ん〜正直、それでもわかりにくい…プランの中身を見たらわかりますよ

入り口はシンプルだけど料金の内訳を見ると、わからなくなります。

なぜわかりづらいのか?わかりやすくお伝えしますね!

なぜ「ギガホ」「ギガライト」は分かりづらいのか?

パッとみた時に、「ギガホ4,980円」「ギガライト1,980円」と書いてあるから、プラン変更したら安くなるのかな?なんて思いますよね。

シンプルに2択でこのプランを選べるのですが、このプランは家族でドコモを使ってる方限定と考えてください。

お一人様は論外です。家族でもau・ソフトバンクでバラバラもダメです。

ご家族3回線以上〜となってるので、このプランは家族みんなドコモを使ってる方限定なのです。

この「3回線以上」がややこしくしてますし、むしろもっと大きくしないとダメだと思います。

しかも周りに注釈をいっぱい書いてるのが際立ってますね…

 

ポイント
  • 家族で3回線以上の契約(家族で紐付け)
  • 2年間の定期契約

ギガホ

ギガホとは毎月最大30GBまで速度制限なしで、データ通信できるというプランです。

2年間の定期契約で、家族3回線以上、ドコモ光セット割有りです。

 

ファミリー割引 1回線 2回線 3回線以上
割引額 -500円 -1,000円
割引適用後の料金 6,980円 6,480円 5,980円

 

「ギガホ」は通常料金5,980円と書いてますが、ファミリー割引前提の金額なのです。

もし1回線なら6,980円なので、言い換えるとお一人様で6,980円ということです。

ファミリー割引で紐付けされると3回線以上で最大1,000円引ということなんですよね。

とれぷっと

お一人様には割引がないんですね…

ドコモの契約者は家族で使用されてる方が多いので、3回線以上が割引の対象になるのは、

しょうがないのかも知れません。それにしてもわかりづらいと思います。

 

もう一つ割引があります。ドコモ光とのセット割です。

 

料金プラン ドコモ光セット割 月額料金
1回線 2回線 3回線以上
通常料金 6,980円 6,480円 5,980円
ギガホ -1,000円 5,980円 5,480円 4,980円

 

自宅にドコモ光を契約している方でしたら、この割引が適用されます。

先ほどのファミリー割引で3回線契約だと5,980円なので、光セット割が付くと4,980円となります。

 

そして2019年9月30日までに契約した方は6カ月間さらに1,000円引きなのです。

 

ギガホ お一人様契約 6,980円
ファミリー割引 3回線以上 5,980円
ギガホキャンペーン(6カ月間) 4,980円
ドコモ光セット割 3,980円

 

これで少しは見やすくなったでしょうか。

全部当てはまる人がいると30GB使えて3,980円なら安く見えますが、

これも携帯端末の料金は入ってないので、ご注意ください。

わかりづらい時は基本の料金を先に知っておくと、

あとは割引していけば知りたい金額になりますよ。

 

音声オプション

国内通話料 家族間通話無料
家族通話以外は30秒20円
かけ放題オプション 月額1,700円
5分通話無料オプション 月額700円

 

ギガライト

ギガライトは通信データ量に応じて段階的に料金が決まります。

このプランは2年定期契約、家族3回線以上、データ量が1GBまでで月額1,980円となります。

ドコモ光セット割有りですが、データ量が1GBまでだと割引有りません。

 

利用可能データ量 月額料金 3回線以上 ドコモ光セット割
~7GB 5,980円 4,980円 3,980円
~5GB 4,980円 3,980円 2,980円
~3GB 3,980円 2,980円 2,480円
~1GB 2,980円 1,980円 1,980円

 

ドコモのホームページで大きく書いてある「ギガライト」は

家族3回線以上のデータ量1GBまで月額1,980円ということなんです。

もし、Wi-Fiとかで節約できるならこのプランはおすすめかも知れません。

家族3人で合わせても約6,000円ということになります。

 

音声オプション

国内通話料 家族間通話無料
家族通話以外は30秒20円
かけ放題オプション 月額1,700円
5分通話無料オプション 月額700円

 

音声オプションはギガホと同じ仕様です。

docomo(ドコモ)と楽天モバイルの比較【おすすめポイント】

docomo(ドコモ)と楽天モバイル両者のおすすめポイントを比較したいと思います。

docomo(ドコモ)

  • ドコモ光セット割
  • ファミリー割引
  • ギガホのみ低速通信時、最大1Mbps
  • キッズ携帯がある
  • らくらくスマホがある
  • 口座振替で携帯を購入できる

楽天モバイル

  • 高速データを使い切っても最大1Mbpsの速度で使い放題
  • 国内通話10分かけ放題
  • 余ったデータ通信は翌月に繰越
  • 楽天モバイル SIMアプリで高速データ通信のオンオフ切り替え
  • 利用契約期間が過ぎれば契約解除料なし
  • 口座振替で携帯を購入できない

ドコモの場合はキッズ携帯らくらくスマホの取り扱いがあるのがいいですね。

子育て世代で子供が小学生になると防犯の観点からキッズ携帯は需要あると思います。

また、当たり前にドコモでは口座振替で携帯を分割購入していますが、

楽天モバイルでは基本、利用料金のみしか口座振替できません。

機種変更の時に携帯を新しくしたりすると思いますが、

その分はクレジットカードで購入する形になります。

とれぷっと

楽天モバイルは口座振替で携帯を買えないんだね

楽天モバイルのおすすめポイントは、通信データ量の節約ができる所です。

ドコモでは常にデータ通信が高速で行われてますが、

楽天モバイルは アプリでいつでも好きな時に低速モードに切り替えが出来ます。

低速といっても最大1Mbpsの速度で、ドコモの低速128kbpsと比べると、

約8倍も通信速度が違います。

とれぷっと

1Mbps=1000kbpsという事になるね!

契約解除料はdocomo(ドコモ)も楽天モバイルもあるのですが、

だいぶ縛りがゆるくなってきました。

今までは大抵1カ月の猶予しかなく、そういえばそろそろ更新かなぁ?って思って、

確認してみたら更新月が過ぎてたって事も……

無駄にお金を払わないようにするためには更新月のチェックが必要ですね。

 

契約更新
docomo(ドコモ) 更新月含めて3カ月の間
楽天モバイル 最低1年契約、それ以降はいつでも解除できる

 

2019年3月からドコモは更新月を3カ月に延長してます。

こういう縛りは早く無くなって欲しいです。

まとめ

docomo(ドコモ)と楽天モバイルの比較をお伝えしました。

正直料金だけで比べてしまうと、楽天モバイルに軍配が上がります。

家族でみんなドコモを使っていたり、お子様がいらっしゃる、

おじいちゃんおばあちゃんもスマホを使用したいとなると、

キッズ携帯やらくらくスマホなどには勝てないかな?と個人的には思いました。

それは料金がすべてではないので、ドコモのいいところと楽天モバイル のいいところを、

合わせてもってみるというのも検討してもいいのではないでしょうか。

楽天モバイルのスーパーホーダイ月額1,480円〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です