その他

【固定費削減】安くスマホを利用する方法!通信料と端末代を分けて考えよう

スマホや大手キャリアの通信料って何であんなに高いんだろうと思いませんか?

毎月のスマホ請求金額を見てビックリしたことは誰もが目にしているはずです。

もっと節約して料金を減らしたいなんて思っている方は本記事を参考にして欲しいと思います。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]僕も前までは月額8,000円〜9,000円位かかっていて悩んだ時期もありました…[/say]

ちなみに今僕の携帯の料金はと言いますと、大体月額1,500円ほどとなっています。

何でそんなに安いの?と思われる方が多いかと思いますが、そのカラクリも含めてお伝えしていきたいと思います。

【固定費削減】なぜスマホの料金を安くできるのか

 

結論を言いますと格安SIM(MVNO)の会社で通信契約してスマホを使うということになります。

そもそも大手キャリア(docomo・au・SoftBank)で契約する必要ってあるでしょうか?

格安SIM(MVNO)取扱の会社も多数ありどこの会社で契約しても、同じサービスを提供されています。

 

大手キャリアと同じサービスとは?

  • 電話やメールが使用できる
  • インターネットに接続できる

 

極論になりますが、この2点が同じサービスとなります。

 

大手キャリアと格安SIM(MVNO)取扱会社どちらを契約してもスマホとして使用できれば、安い方を選ぶべきだと思います。

僕は実際に楽天モバイル(MVNO)と契約していますが月額2,000円以下程度となっています。

自身の直近の利用金額(税込)

以前はdocomoで契約していましたが、楽天モバイルに乗り換えました。電話・メール・インターネット接続はdocomoの時と何も変わりません。

今までずっと高い金額を払ってきたのかと思うと、もっと早く利用していればよかったと思いました。

例えば人気のLINEモバイルを見てみましょう

3GBの音声SIMだと月額1,480円〜となっています。安いですよね。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]僕は楽天モバイルで契約しましたが、LINEモバイルも検討していました![/say] [memo title="他の格安SIM取扱会社も安い"]

・UQ mobile スマホプランS 3GB 月額1,980円〜

・OCNモバイルONE 音声対応SIMカード3GB 月額1,480円〜

・BIGLOBEモバイル 3ギガプラン 月額1,600円〜

・mineo デュアルタイプAプラン3GB 月額1,510円〜

・IIJmio ミニマムスタートプラン3GB 月額1,600円〜

・イオンモバイル 音声プラン4GB 月額1,580円〜

・QTmobile データ+通話コース3GB 月額1,550円〜

・エックスモバイル 音声プラン1GB 月額1,580円〜

など

[/memo]

いろいろな料金プランで格安SIM取扱会社(MVNO)が安く展開しています。

何回も言いますが、格安SIM会社に乗り換えるだけで上記のような料金で利用できます。

電話、メール、インターネット接続ができるので大手キャリアと同じ。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]もちろん人によってはギガが多くないと無理という人もいるよね。それでも大手よりは安いよ![/say]

 

なぜ安く利用できるのに使わないのでしょうか?

なんとなくで大手キャリア(docomo・au・SoftBank)で契約していませんか?

次の目次でそのスマホの料金を安くできない理由を解説したいと思います。

 

【固定費削減】スマホの料金を安くできない理由

 

「スマホを新しくしたい」と思ったならば近くのdocomoショップや家電量販店などに向かうことになるでしょう。

そこでショップ店員に「このスマホなら月々この位で利用できますよ♪」と案内されると思います。

月々の金額だけ目が行き今と変わらないなら良いと思ってしまいますよね。

 

そこがスマホ料金を安くできない理由だと思います。

スマホの料金を安くしたいと思っていてもついつい営業トークによりそのまま契約しちゃいますよね。

https://twitter.com/guchitenin/status/1275955477692571648

スマホを安く利用する方法はいかに端末を安く購入するかにかかっています。

なぜなら、毎回新しい端末を購入していると端末+通信代となるため、いつまでも高い料金から抜け出せません。

 

新しいスマホを購入する前に

  • 今使っているスマホは、すぐに新しく購入しなければならないのか?
  • 購入しようとするスマホは自分の使い方にあっているのか?

 

もうすぐ壊れそうという理由なら新しく購入してもいいと思いますが、まだ使えるのに新しい端末にするのは少し贅沢な使い方だと思います。

また、たまにしか写真や動画を撮らない、少ししかゲームをしないという使い方だと、高性能のスマホは必要ないです。

新しいスマホは魅力的ですが、安くスマホを利用するには今使っているスマホを利用するのが一番スマホを安く利用できる方法。

2年経てばスマホの割賦代金がなくなり、通信料だけになるから安く利用できるのです。

 

基本的にスマホを新しくするときは2年払いで毎月分割にして購入する方が多いと思います。

[box class="box28" title="スマホを2年分割で購入すると"]

・30,000円のスマホ 24回払い 月額1,250円+通信料

・70,000円のスマホ 24回払い 約月額2,916円+通信料

・100,000円のスマホ 24回払い 約月額4,166円+通信料

[/box]

 

3種類の価格であげてみましたが、今のスマホはこのような価格帯で実際に存在しています。

果たして自分に100,000円のスマホが必要なのか?70,000円のスマホが必要なのか?そこが重要なのです。

 

どの価格帯のスマホを買ったとしても電話、メール、インターネット接続ができます。

つまり、必要最低限のスマホ利用の仕方だと30,000円のスマホで十分だということです。

 

30,000円のスマホだと月額1,250円+通信料となり、その通信料が格安SIMだと1,500円程度になるため、合わせると月額3,000円程度。

月額3,000円程度のスマホ料金ならすごく安くなったと感じないでしょうか?

 

これがスマホを安く利用する方法なのです。

 

【固定費削減】自分のスマホの料金の内訳を確認

 

スマホ料金を安くするためにすぐに乗り換えるのはやめておきましょう

契約解除料という無駄な出費が発生する可能性があるので、まずは固定費削減するためにスマホの利用明細をよく見てみましょう。

自分の購入したスマホの端末料金や通信料、オプションを確認してどういう内訳になっているのか知る事が大事。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]スマホの利用明細をしっかりみないと、無駄な料金をずっと払っている可能性があるから、見直しは必要なんだよね。[/say]

例えばどこをどう見直せばいいのか、シュミレーションで見ていきます。

docomoの料金シュミレーション

機種代金+ギガホの料金内訳

シュミレーションの見直しポイント

  • 分割払いは、後何回で支払い終わるのか確認
  • 2年間の定期契約なのかどうなのか?更新月の確認
  • 今の料金プランでギガ数で足りてるのか?足りていれば下位プランを検討
  • 音声オプションは必要なのか?月に1回程度の電話であれば思い切って音声オプションは切る
  • スマホ補償に入っているのか?ディスプレイ保護、ケース等使用しているなら補償の廃止の選択を

 

ざっと見直しポイントをリストにしてみました。

まずは自分の契約が後どのくらいで更新月になるのか確認。乗り換える時期を明確にしておきましょう。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]更新月にのりかえすると契約解除料がかからないよ![/say]

よくあるのが、携帯の支払いが終わった月が契約更新月と錯覚します。違います。

あなたが大手キャリア(docomo・au・SoftBank)と契約した月が契約更新月となるので、注意が必要です。

キャリアショップに来店した際に確認してみるのもいいでしょう。

ギガホからギガライトへ見直しすると

ギガホからギガライトへプラン変更

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]3,000円も安くなったね![/say]

先ほどのギガホからギガライトにプラン変更して、音声オプションなしを選択すると3GBまでなら5,258円。

ギガホよりも3,000円も安くなりました。

docomoの過去の料金プラン

2019年5月31日で新規受付が終わったシンプルプラン

 

まだ過去の料金プランに入ってる方は現在のプランに変更するだけでも、月額の料金が安くなったりします。

先ほどのギガライトで見直しシュミレーションしましたが、機種代金+通信料(3GB)入れて5,258円でした。

過去のdocomo料金プランで同じ3GBにすると、980円(基本プラン)+4,000円(パケットパック3GB)+300円(インターネット接続サービス)+800円(機種代金)=6,688円(税込)

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]1,400円も高い![/say]

過去の料金プランから現在の料金プランにするだけでも、安くなる可能性が大きいです。

さらに更新月を確認して、更新月に格安SIMへ乗り換えしてもらうとさらに固定費の削減になりますよ。

スマホ利用料金を安くするには

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]
  1. 自分のスマホ料金の内訳を確認、更新月の確認(のりかえ時期を認識)
  2. 料金プランを最新のものにしてみる(過去の料金プランは高い可能性)
  3. オプションの見直しをする(使ってないオプションは解除)[/list]

 

見直しを行って無駄な支払いをやめて更新月まで維持、そして更新月に格安SIMに乗り換えるという方法がおすすめです。

【固定費削減】自分にピッタリな格安SIMはどこなのか

 

スマホの利用料金を安くするためには格安SIMにのりかえる必要がありますが、どこの会社がいいのかわからないと思います。

まずは自分がどういうスマホの使い方をしているか確認しましょう。

あなたのスマホの使い方

  • 電話もネット利用もほとんど利用しない。必要な時だけスマホを使う
  • 電話の利用が少なく、ネットを多く使う
  • 電話の利用が多く、ネットの利用は少ない
  • 電話もネットもいっぱい使っている

 

電話もネット利用もほとんど利用しなく、必要な時だけスマホを使う

スマホは持っているけどあまり利用していない、必要な時だけ使うという方は格安SIMの中でも月額料金が安い会社を選ぶといいでしょう。

[box class="box31" title="格安SIMの中でも月額料金が安い会社(音声SIM)"]

・イオンモバイル 500MB/月 1,130円

・Mineo 500MB/月 1,310円

・LINEモバイル 500MB/月 1,100円

[/box]

 

スマホの通信料が1カ月500MBで契約するプランになります。

ほとんどスマホを利用せずに必要な時だけ使いたい人には、1カ月500MBで十分だと思います。

またモバイルWiFiで通信をしている方もほとんどSIM側で通信していないと思いますので、モバイルWiFi使っている方にもオススメです。

電話の利用が少なく、ネットを多く使う

電話の利用が少なく、ネットを多く使う人は大容量データを取り扱う格安SIM会社がいいでしょう。

[box class="box32" title="格安SIMの中でも大容量データを取り扱う会社(音声SIM)"]

・イオンモバイル(音声30GBプラン) 30GB 5,680円

・HIS mobile(ビタッ!プラン) 30GB 5,970円

・エキサイトモバイル(定額プラン) 30GB 5,980円

[/box]

30GBで6,000円位すると高くない?と思いますが、大手キャリア(docomo・au・SoftBank)では約7,000円オーバー。

例えばdocomoのギガホは6,980円、auのデータMAX 4G LTEは7,480円、SoftBankのメリハリプランは7,480円です。

もし格安SIMの30GBで足りるならそれでもいいですが、それ以上使いたいとなると個人的にはモバイルWiFiを併用した方がいいと思います。

実際僕はその使い方をしています。電話はあまり使わないので格安SIMの安いプランで約2,000円、モバイルWiFiの無制限プランで約3,600円程度です。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]僕のモバイルWiFiは月約150GBくらい使ってるけど、無制限プランだから料金は変わらないんだよね![/say]

電話の利用が多く、ネットの利用は少ない

電話の利用が多く、ネットの利用は少ない場合は格安SIMのオプションをうまく使うと安くなります。

[box class="box33" title="格安SIMのオプションで電話を安く使える会社"]

・Y!mobile Sプラン 月額2,680円(3GB)+月額1,000円で国内通話かけ放題

・UQ mobile Sプラン 月額1,980円(3GB)+月額1,700円で国内通話かけ放題

・【例外】LINEモバイル 月額1,100円(500MB)LINEアプリ同士の通話が無料

[/box]

Y!mobileとUQ mobileは共に月額料金が同じで、固定電話や他社携帯でも何時間かけても無料となります。

【例外】のLINEモバイルも考えようではかけ放題となります。

LINEモバイルの電話はLINEアプリの電話のことで、お互いにLINEアプリで電話することで通話料がかかりません。

しかし、通話料はかかりませんがデータ通信料がかかるのである程度のギガがないとなくなってしまいます。

LINE通話のデータ量

LINEモバイルより引用

そこでLINEモバイルを契約してLINE通話すると、契約者はデータ量がかからずに通話できる

最安の音声SIM月額1,100円(500MB)でもLINEデータフリーが付いてるので安心して通話ができます。

 

電話もネットもいっぱい使っている

電話もネットもいっぱい使っているというユーザーはこの会社にしましょう。

[box class="box31" title="電話もネットもいっぱい使いたい方"]

・楽天モバイル UN-LIMIT 月額2,980円 

・【例外】LINEモバイル 月額1,100円(500MB)+モバイルWiFi(無制限タイプ)

[/box]

住んでいる地域によって差(楽天エリア回線かどうか)が出てしまいますが、楽天モバイルUN-LIMITで契約すると国内通話無料と楽天回線内でのデータ通信が無料になります。

固定電話もスマホも無料(楽天回線内で楽天LINKを使う事)です。

まだまだ発展途上の楽天モバイル回線ですが、どんどん回線エリアが増えてきています。

自分の自宅が楽天回線エリア内か確認するには公式ホームページ楽天モバイル で確認しましょう。

楽天UN-LIMITについては楽天モバイル【UN-LIMIT2.0】パートナー回線がバージョンアップ!低速1Mbpsも!で紹介しています。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]約3,000円で通話無料とデータ通信無料は楽天モバイルしかないです!さらにキャンペーン期間中は一年間無料で使えます![/say]

【例外】でLINEモバイルも載せてますが、個人的にはこの方法もいいと思います。

LINEモバイルで最低条件の月額1,100円(500MB)で契約。

LINEアプリの通話で相手と電話しますが、LINEモバイルのLINEデータフリーは通話中のデータ量はかかりません。

つまり、LINEアプリでの通話はデータ通信ともに無料で行えるので、かけ放題ということになります。

さらにネットをたくさん利用するためにモバイルWiFiを併用する方法です。

モバイルWiFiを持ち運ぶ手間はかかりますが、無制限タイプのモバイルWiFiを利用する事でネットもほぼ使い放題になります。

[say img="https://trend-output.com/wp-content/uploads/2019/05/Twitterアイコン2.jpg" name="とれぷっと"]僕の使い方は楽天モバイルMVNOとMugen WiFiの併用利用で5,000円位です![/say]

LINEモバイルとモバイルWiFiを併用した利用料

月額利用料
LINEモバイル 1,100円
モバイルWiFi(例どこよりもWiFi )無制限プラン 3,380円
合計 4,480円

楽天モバイルUN-LIMITより少しお高くなりますが、この併用方法だとほぼどこの地域でも利用できるのでお得に利用したい方は実行してみてください。

スマホの固定費削減|まとめ

 

長々と書いてしまいましたが、スマホを安くする方法(固定費削減)をまとめです。

 

なぜスマホを安く利用できるのか?

 

格安SIMを契約しても大手キャリアと契約しても同じサービスを利用できる。

大手キャリアと同じサービスとは?

  • 電話やメールが使用できる
  • インターネットに接続できる

 

極論ですが電話、メール、インターネットに接続できるなら大手キャリア(docomo・au・SoftBank)で契約しなくてもいいですよね。

 

自分のスマホ代が安くできない理由を知る事

 

常に新しいスマホにするからいつまでたっても料金が下がらない。

10万円のスマホ、7万円のスマホが必要ですか?3万円のスマホでも十分なはずです。

 

新しいスマホを購入する前に

  • 今使っているスマホは、すぐに新しく購入しなければならないのか?
  • 購入しようとするスマホは自分の使い方にあっているのか?

 

3万円のスマホを24カ月払いにすると月額1,250円、それに格安SIM(月額2,000円程度)で利用すると約3,000円程で利用できます。

 

自分のスマホの利用明細を確認する事

 

すぐに乗り換え(MNP)はしないこと。あなたの契約には契約解除料がかかる可能性があるので、まずは利用明細で確認しよう。

見直しポイント

  • 分割払いは、後何回で支払い終わるのか確認
  • 2年間の定期契約なのかどうなのか?更新月の確認
  • 今の料金プランでギガ数で足りてるのか?足りていれば下位プランを検討
  • 音声オプションは必要なのか?月に1回程度の電話であれば思い切って音声オプションは切る
  • スマホ補償に入っているのか?ディスプレイ保護、ケース等使用しているなら補償の廃止の選択を

スマホの利用明細を見直しするだけで今の料金プランと比較できるし、必要ないオプションを発見するかもしれません。

 

自分にピッタリな格安SIMを見つける事

 

あなたのスマホの使い方はどのように使っているか確認してみましょう。

あなたのスマホの使い方

  • 電話もネット利用もほとんど利用しない。必要な時だけスマホを使う

    ・イオンモバイル 500MB/月 1,130円
    ・mineo 500MB/月 1,310円
    ・LINEモバイル 500MB/月 1,100円

  • 電話の利用が少なく、ネットを多く使う

    ・イオンモバイル(音声30GBプラン)5,680円
    ・HIS mobile(ビタッ!プラン30GB)5,970円
    ・エキサイトモバイル(定額プラン30GB)5,980円

  • 電話の利用が多く、ネットの利用は少ない

    ・Y!mobile Sプラン 月額2,680円(3GB)+月額1,000円で国内通話かけ放題
    ・UQ mobile Sプラン 月額1,980円(3GB)+月額1,700円で国内通話かけ放題
    ・【例外】LINEモバイル 月額1,100円(500MB)LINEアプリ同士の通話が無料

  • 電話もネットもいっぱい使っている

    ・楽天モバイル UN-LIMIT 月額2,980円
    ・LINEモバイル 月額1,100円(500MB)+モバイルWiFi(無制限タイプ)

 

この4点を理解して実行できれば、確実に固定費が削減されて今よりも安くスマホライフを楽しむことができますよ。

[kanren id="2766"]

 

-その他

© 2020 TREPUT(とれぷっと) Powered by AFFINGER5