docomoユーザー必見!楽天モバイルで携帯料金が半額!

【2019年5月〜】楽天モバイルとLINEモバイルの料金比較

こんにちは。

実は楽天モバイルにする前にLINEモバイルも少し検討していた時がありました。

格安SIMでも安心して使いたいというのが僕が一番思ってるところで、

申し訳ないですが、あまり名の知れてないところの格安SIMだと不安だからです。

皆様はそう思ったりしていないでしょうか?そこにはもちろん値段が安いSIMが売っていたりしているんですが、

すでに楽天モバイルにしてる時点で大手キャリアより安くなっています。

しかし、値段が安いからそのSIMにしますってならないですよね。

僕は全体的に見た中で自分に合うものを選んで、多少他よりも高くてもサービスが良かったりするとそちらを選びたいです。

ちょっと前置きが長いですが、LINEモバイルも名も知れていますし、毎日連絡を取るのに使ってます。

だから気になっていました。 すでにLINEモバイルのホームページをご覧になってる方もいると思いますが、

楽天モバイルとLINEモバイルの比較をしていきたいと思います。

楽天モバイルはドコモ回線のみ。LINEモバイルは大手3キャリア対応

2019年4月22日より LINEモバイルはau回線も取り扱うようになり、

大手3キャリアすべての回線を取り扱うようになりました。

SIMフリーにする事なく回線の移行ができます。 楽天モバイルではドコモ回線のみSIMフリーをしなくても移行できるが、

ソフトバンクとau回線だとSIMフリーにしてからでないと楽天モバイルの「スーパーホーダイ」には加入できません。

今後に期待です。

au・ソフトバンク回線をSIMフリーにする記事はこちら

【楽天モバイル】auやソフトバンクのスマホをSIMロック解除する方法

 LINEモバイルのプランは3種類

まずはLINEモバイルのプランについて。

LINEモバイルの公式ホームページを初めて見たときは、理解するまでとても分かりにくかったので、

僕が分かりやすいように表を作りました!

音声通話SIMのプランは3種類です。

LINEフリーコミュニケーションフリーMUSIC+です。

2019年5月1日から初月無料(月額基本利用料)が無くなり、月額基本利用料の1%分のLINEポイント付与も終了します。

初月無料はありがたいのに無くなるんですね…

LINEフリー

最低限の連絡だけ使えればいい人はLINEフリーでいいと思います。

全く電話しない、LINEのトークだけで連絡をしている、通勤通学で動画やゲームなどの重いデータ通信しない(Wi-Fiを利用している)こういう方向けのプランです。

月間データ量は1GBのみ。

コミュニケーションフリー

LINE・Twitter・Facebook・Instagramを利用してる時のデータ通信量が消費しません。

データ容量を使い切ってもこの4つのSNSでは通信速度が落ちないのです。

月間データ量は3GB、5GB、7GB、10GBから選びます。これより多いデータ容量はありません。

MUSIC+

コミュニケーションフリーにLINE MUSICが加わり、4つのSNSとLINE MUSICがデータ通信量が消費しません。

月間データ量は3GB、5GB、7GB、10GBから選びます。

MEMO
LINE MUSICとはオンデマンド型の定額制ストリーミング配信音楽サービスです

要注意なのが、YouTubeTik Tokイチナナhuluなどの動画配信は含まれていません

僕の見解ですが、なんとなくYouTubeとかの動画配信も通信量消費しないように見えます。

あくまでもLINE・Twitter・Facebook・Instagramの4つのSNSが、データ通信量を消費しないという事。

ゲーム全般も含まれていないので、Wi-Fi環境以外で動画、ゲームする人はそもそもLINEモバイルに向いてません。

違う格安SIMを選ぶ方がいいでしょう。

コミュニケーションフリープランで注意すること

LINE・Twitter・Facebook・Instagramは通信量を消費しませんとなってますが、こういう場合は通信量かかります。

注意するPOINT
  • LINEのグループ内のLive利用など
  • Twitterの外部リンク接続、YouTubeなどの動画サイト閲覧など
  • Facebookの外部リンク接続、YouTubeなどの動画サイトの閲覧など
  • Instagramの外部リンク接続、ライブ動画の配信・閲覧など

これが非常にまぎらわしいです。そんなところ気にして操作する必要になってくるかも知れません。外部リンクには要注意です。

 LINEモバイルのオプション

10分電話かけ放題オプション

月額880円。楽天モバイルと同じく国内通話料10分以内0円のサービスです。通話アプリ「いつでも電話」を使わないとできません。10分を超過した場合には通話料10円/30秒がかかります。

端末保証オプション

月額450円( LINEモバイルで端末を購入された方)携帯端末を持ち込みの場合は月額500円(iphoneも加入可能) LINEモバイルでiphoneを新規購入する方はこのオプションに加入できません。AppleCareをおすすめしてます。

楽天モバイルも同じですが、LINEモバイルも同じく契約時に一緒に申し込みが必要です。

後からオプション契約はできません。

その他オプション有

上記2点は人気のオプションです。それ以外にオプションありますので、

詳しくは公式ホームページへ▶︎LINEモバイル

楽天モバイルと LINEモバイルの料金比較

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランもなかなかいいですよね。

ここで楽天モバイルの料金表を確認していきます。

  こちらが楽天モバイルとLINEモバイルの比較表(2019/5/1〜)です。

楽天モバイルでは2年の契約期間(3年だとさらに500円引)で算出してます。

こうやって比べて見ると同じデータ量がないんですよね。

料金で言えば、

LINEモバイルの方が安いです!

初月はどのデータ量選んでも300円、2〜4ヶ月目も割引の料金になってます。

例えば LINEモバイルのコミュニケーションフリーの3GBで1年間の料金を換算すると14,720円です。

5GBで20,550円/年。7GBで27,810円/年。2年目からは3GBで20,280円/年。5GBで26,640円/年。

7GBで34,560円/年となります。

楽天モバイルだと単純に12ヶ月で計算すると2GBで23,760円/年。6GBで35,760円/年です。

LINEモバイルは10GBまで、楽天モバイルは14GBと24GBも契約できるので参考にして下さい。

オプションなどの絡みもあり比べにくいのですが、LINEモバイルの方が安い事がわかります。

詳細は公式ホームページへ▶︎LINEモバイル

楽天モバイルとLINEモバイルの料金比較【個人的感想】

個人的感想ですが、大手キャリアで携帯料金のみ(課金や買い物を除いて)だと6000円〜8000円くらいの料金の人が多いのかな?と勝手に思っています。

その携帯料金だと、データ容量が5GB〜7GBの契約だと思いますが、

楽天モバイルを選んでデータ量が6GBだったとしても携帯料金が約半額だし、

LINEモバイルを選んでデータ量7GBでも約半額になるので

どちらでもコスパがいい

 しかし、 LINEモバイルを選んでもいいかなぁ?

って思った理由は安さです。

MNPで乗り換えする時って意外と更新月でもお金かかります。

ドコモからの乗り換えなら転出料2,000円ですが、その他の携帯会社だと3,000円かかります。

そして格安SIM会社に乗り換え時に約3,000円の事務手数料がかかります。合わせると6,000円ほど。

LINEモバイルが初月300円(2019年5月〜)の料金なので

支払いが楽なんですよね。

4つのSNSが通信量消費しないのも魅力的ですが、自分がどのくらいSNSで通信量消費してるのかがわからないので、

最初はキャリアの時と同じデータ容量で契約するのがいいかも知れません。

楽天モバイルとLINEモバイルで迷った結果

楽天モバイルとLINEモバイルで迷いましたが、色々考えて楽天モバイルにしました。

なせなら通信制限がかかってネットが重くなるのが一番嫌だったからです

経験がある方ならわかると思いますが、キャリアの128kbpsは全然使い物にならないです。

いつになったらこの画面開くの?って思いました。

楽天モバイルなら通信制限がかかっても最高1Mbpsでるので、まだ使える範囲だからです。

スーパーホーダイのプランに無条件で付いてる「楽天でんわ」。楽天でんわアプリで10分無料で話せるのもいいですね。

LINEモバイルにもオプションで付けれますが、値段が楽天モバイルと変わらなくなります。

電話使ってないと言いながらも、緊急のときに意外と使う事があったりしますのであった方がいいと思いました。

楽天市場で買い物する時にポイントついてくると思いますが、

楽天モバイルの通話SIM契約した方はポイントがいつでも2倍になります。(期間限定ポイント付与。ポイント獲得の上限5000ポイント。予告なく変更や中止がある)

楽天カードで利用するとこれまたポイント2倍付与。(期間限定ポイント。獲得最大上限ポイントは5000ポイント) ポイントの規約がいっぱいありますが、楽天ポイントがザクザク貯まります。

そのザクザク貯まったポイントで楽天モバイルの携帯料金が支払いに使える点

携帯料金を0円にする事ができます。

LINEモバイルは基本料金のみにしか使えないです。

番外編

楽天モバイルSIMアプリを使用してデータ節約しながら使っていますが、2GBで足りることが判明しました笑。(15日間利用)0.8MBしか使用してなかったのです。

家ではWi-Fi、会社でもWi-Fi、通勤中に少し使うくらいなんですよね。

休日は家にいればWi-Fi、遊びに出かけても楽天モバイルSIMアプリで節約して無制限で使える。

LINEとTwitterはよく使ってるのですが、FacebookとInstagramはほぼ使ってません。

Google検索は調べたりする事がよくあるので、使ってますし地図アプリもクックパットも使います。

合わせて読みたいオススメ記事

楽天モバイルの料金プランで【半額】以下!2つしかないプランに注目

まとめ

最後の方が楽天モバイル推しになってしまいました。

LINEモバイルにするならキャリアの時と同じデータ容量で最初は選んだ方がいいと思います。

LINEモバイル公式

ホームページはこちら▶︎LINEモバイル

もしデータ容量を使い切ってしまうと、 LINEモバイルは200kbpsの速度になります。

大手キャリアは128kbpsなので若干早いですがきっと遅さを体感してしまうでしょう。

これは楽天モバイルにしても同じで、格安SIMを選んだ時点で通信速度は遅くなると覚悟しておいた方がいいでしょう。

意外と普通には使えてますが、混む時間帯には弱い傾向です。

しかし混む時間帯ならWi-Fiに接続すれば解消できますし、

携帯料金がキャリアより安く利用できるのであれば多少の我慢は必要と考えるべきです。対策はしてもらいたいです。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です