災害 桃鉄Switch

【桃鉄スイッチ・災害】台風(たいふう)の被害内容とは?

【桃鉄スイッチ・災害】台風(たいふう)の被害内容についてみて行きましょう。

【桃鉄スイッチ・災害】台風(たいふう)の被害内容

夏から秋の災害で発生する台風。かわいい雷様が現れて次々と物件駅に災害をもたらします。

 

台風(たいふう)の被害内容

物件駅で物件を所有しているところが被害に遭い、損害金を支払うことになります。

特に近畿地方より南に位置している地域

・近畿地方

・中国地方

・四国地方

・九州地方

・沖縄地方

これらの地方で物件を所有している場合は所有数が多いほど被害額も大きくなります。

 

ゲーム序盤では物件もあまり多く所有してはいないので被害額は少ないが、ゲーム中盤以降は所有する物件数も多くなり被害額もかなり多くなる。

ある程度の持ち金を用意していなければ持ち金がマイナスになる可能性があります。

実践ではゲーム後半に1000億程度の被害額になるので持ち金がある程度ないとマイナスになり、所有している物件を売ることになります。

どうしても台風は避けられないので被害額を見越してゲームを進めていこう。

 

物件駅・カード情報が調べやすい

TREPUTのトップページ

桃太郎電鉄〜昭和 平成 令和も定番!のブログ

-災害, 桃鉄Switch

© 2021 TREPUT(とれぷっと) Powered by AFFINGER5