docomoユーザー必見!楽天モバイルで携帯料金が半額!

楽天モバイルの料金プランはプランSで決まり!月額1,480円は本当か?

こんにちは、とれぷっとです。

さて、楽天モバイルにしようか悩んでる皆さんに楽天モバイルの料金プラン、スーパーホーダイ「プランS」を紹介します。

まだ全体的に楽天モバイルの事がわからないかたは、下の記事を見てください。

楽天モバイルにした僕が、楽天モバイルのメリットを紹介

楽天モバイルの料金プランで【半額】以下!2つしかないプランに注目

なぜ、楽天モバイルの料金プランでスーパーホーダイのプランSがいいのか?

プランSの月額1,480円はどういう内容なのか?についてお話していきます。

それでは見ていきましょう!

楽天モバイルの料金プラン【スーパーホーダイ・プランS】

楽天モバイルのホームページに大きく宣伝してある

スーパーホーダイ  だれでも  月額基本料1,480円

かなりインパクト強いですよね。ただ、この料金は割引された金額なので基本料金ではありません。

しかし、キャッチフレーズ?の「だれでも」というところが楽天モバイルのいいところですし、わかりやすい。

言い換えると、お一人様でもこの料金(月額1,480円)になるという事なんです。

キャリアはお一人様を見捨てたな…

なんて声も聞こえてます。各キャリア携帯も安くしてきてますが、

家族割引(3人以上)や3回線以上の1GBまでの時しか安くなってません。

楽天モバイルのプランSは違います。「だれでも」です。

詳しくみていきましょう!

スーパーホーダイ【プランS】 金額
通常料金 2,980円
楽天会員 −500円
長期割 −1,000円
合計 1,480円

非常にシンプルで見やすくて、わかりやすいんですよね。

基本は月額2,980円なので、割引されて月額1,480円という事なんです。

  • 楽天会員:無料で会員になれます
  • 長期割:契約時に3年契約を結ぶと−1,000円/月

契約時に3年を選択すると、−1,000円引/月の割引と無料の楽天会員に入会しただけで2年間−500円引/月になります。

これが楽天モバイルの料金プラン「スーパーホーダイ プランS」の料金内容です。

他の格安SIM会社では一年目は安いけど、2年目からは料金が上がるシステムが多いです。

途中から値段上がるの嫌じゃないですか?

楽天モバイルの料金プラン【プランS】は2年間ずっと同じ料金だからわかりやすいし、だれでも値段安いし、選びたくなるポイントなんです。

スーパーホーダイ 【プランS】のサービス内容

ここからがなぜプランSで十分なのか?という部分なのですが、サービス内容が充実してるからです。

サービス内容
  • 高速データ通信容量を使い切っても最大1Mbps
  • 国内通話10分かけ放題【楽天でんわ】(専用アプリ)
  • 楽天モバイルSIMアプリで高速データ通信ON・OFF機能付
  • 高速データ通信容量が余ったら、翌月まで繰越

この4点のサービス内容で僕は満足できるからなんです。

今まではドコモで契約して高い携帯料金を払っていたのですが、

楽天モバイルにしてからはこのサービスがあるおかげでほぼ同じように使用できています。

それはなぜなのか?満足できるサービス内容を解説していきます。

高速データ通信容量を使い切っても最大1Mbps

このサービスが肝となるのですが、キャリア携帯で高速データ通信を使いきった事ありますか?

ある!いつになったらこの画面表示されるの!

画像・動画が全然読み込んでこないんだけど!

こういう症状が出てきますよね。「あと一週間もこんな状況耐えられない!」なんてことになって、

追加でデータ容量買ったこともあるのではないでしょうか?

楽天モバイルのこのサービス「高速データ通信容量を使い切っても最大1Mbps」がとても優秀で、

いつになったら読み込み終わるの?ってことがかなり軽減されます。

下の動画をご覧ください。

 

大手キャリアで通信速度制限がかかると128kbpsになります。

楽天モバイルでは最大1Mbpsの速度が出るので、常にこの状態でもなんとか使っていけることがわかりますよね。

MEMO
1Mbpsは1000kbpsなので、128kbpsの約8倍違います

もちろん高速データ通信容量の中ででやりくりはするのですが、

最悪高速データ通信容量超えても、楽天モバイルなら大丈夫なのです。

国内通話10分かけ放題【楽天でんわ】(専用アプリ)

電話は基本あまりしない方なんですが、突然電話をしなきゃいけない時があります。

電話が必要なとき
  • タクシーを呼びたい時
  • ピザを注文したい時
  • 実家に電話する時
  • 病院に電話したい時
  • 保険の問い合わせしたい時

など、以外と使わないと言っても多少は使うときがあります。

そんな時はこの【楽天でんわ】(専用アプリ)が活躍します。

この「楽天でんわ」アプリを通して電話をすると国内通話10分無料となります。

しかし、着信履歴がついてないので注意が必要なのです。

着信があって折り返す場合、そのまま発信してしまうと料金がかかってしまいます

着信があった場合は画像の左側、緑色のもともとある電話のところに履歴が付きます。

なので、一度番号をコピーしてから楽天でんわに貼り付けして電話をします。

慣れれば大したことはないので、最初のうちだけですね。

楽天モバイルSIMアプリで高速データ通信ON・OFF機能付

前はドコモで契約していたので、常に高速通信だったのですが、

楽天モバイルでは高速通信を切り替えるアプリがあります。

 

このボタンがあるおかげで高速データ通信の節約ができるのです。

もう一回言いますが

高速データ通信容量を使い切っても最大1Mbps

これのおかげで、ずっと節約して使えちゃうんですよね!

楽天モバイルを知らなかったとき、「低速でずっと使うなんて無理」と思っていたのですが、

楽天モバイルの1Mbpsと128kbpsの比較動画を見て唖然としました。

楽天モバイルのこの料金プランで契約してる人はこの機能のかなり惹かれたと思うんですよね。

高速データ通信容量が余ったら、翌月まで繰越

楽天モバイルの料金プラン【スーパーホーダイ】では高速データ通信が余ったら翌月まで繰り越せます。

もし2GB丸々余れば翌月は4GBのスタートになります。

僕は最初不安だったので6GBで契約していたのですが、節約して使えば2GBでやりくりできることが判明しました。笑

どこかのタイミングで2GBに変更して安くしようと思います。

楽天モバイルの料金プラン【スーパーホーダイ】にするためには?

楽天モバイルの料金プラン【スーパーホーダイ】にするには条件があります。

スーパーホーダイにするには?
  • 携帯端末がドコモ回線であればそのまま乗り換えできる(MNP)
  • 携帯端末がドコモ以外はSIMフリー(SIMロック解除)をする

僕はたまたまドコモ回線だったので、めちゃくちゃ簡単に乗り換えできました。

  1. ドコモでMNP予約番号取得
  2. 楽天モバイルで申し込み
  3. SIMが届いたら入れ替え

SIMロック解除をする方が少し手間がかかりますが、簡単にできます。

キャリアSIMロック解除

au
 

SIMロック解除には2015年5月以降の端末が対象となりますので確認が必要です。

まとめ

僕はドコモでお一人様で年間約84,000円の携帯料金を払ってきましたが、

楽天モバイルの料金プラン【スーパーホーダイ】に乗り換えて、

約36,000円くらいになりそうです。(まだプランMの為)

年間の支払いが半分以下になり、他のことにお金が使えるようになり単純に嬉しいです。

このブログを見て少しでも皆様のお役に立てていれば嬉しいです。

合わせて読みたい

ドコモ(iphone7)を楽天モバイルにする!WEBで契約する方が簡単!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です