docomoユーザー必見!楽天モバイルで携帯料金が半額!

楽天モバイルの料金プランで【半額】以下!2つしかないプランに注目

こんにちは、とれぷっと(@trend_output)です。

楽天モバイルして携帯料金を安くしたい!楽天モバイルの料金プランが気になる!と思ってる方。

でもよくわからない方に向けて、 僕がオススメする楽天モバイルについて紹介していきたいと思います。

僕は楽天モバイルの料金プランでデータ容量6GBの契約をしていますが、本当に契約してよかったと思ってます!

携帯電話料金がとても安くなり、もっと早く契約していれば良かったと思いました。

しかし、使ってみたらデータ容量が2GBでよかったかもです…笑

なんでデータ容量2GBで足りるの?

と思ってる方はここ書いてある内容を見て納得できるかもしれません!

それではご覧ください。

楽天モバイルの料金プランは2種類

楽天モバイルの料金プランは「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」の2種類。

さらにSIMの種類というのもあり「通話SIM」「データSIM(SMSあり)」「データSIM(SMSなし)」の3種類のSIM契約があります。

通話SIMというのは音声通話+データ通信ができるSIMで、わかりやすく言うなら普通のSIM。

大手携帯会社(ドコモ・au・ソフトバンク)が携帯電話販売した時に使っているSIMが通話SIMだと思ってください。

いつも通り携帯電話を使用したい方に向けて説明いたします。

データSIMは少しややこしいので、いつも通り使える通話SIMの紹介にしたいと思います。

MEMO
通話SIMとは080や090といった、電話番号がついたSIMのことを指します。

 

料金プラン【スーパーホーダイ】

楽天モバイルで料金プランでほとんどの方が利用されている「スーパーホーダイ」の内容です。

2年契約と3年契約で月額の料金が変わります。注意してほしいのは、3年契約で24カ月まで1,480円ですが、その後は通常基本料2,980円になります。

楽天モバイルのスーパーホーダイ月額1,480円〜

  1. 高速データを使い切っても最大1Mbpsの速度で使い放題
  2. 国内通話10分かけ放題
  3. 余ったデータ通信は翌月に繰越
  4. 楽天モバイル SIMアプリで高速データ通信のオンオフ切り替え
  5. 利用契約期間が過ぎれば契約解除料なし

高速データを使い切っても最大1Mbpsの速度で使い放題

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でインターネットを利用していると、高速データ通信しか利用できません。

楽天モバイルの料金プラン「スーパーホーダイ」だと高速通信データ容量使い切っても最大1Mbpsの速度で通信できることです。

もう一回言います

高速通信データ容量使い切っても最大1Mbpsの速度

もし仮にデータ容量以上の通信をしてしまうと、「通信制限」がかかりますよね。

大手キャリア携帯などでこんな経験された事あるんではないでしょうか?

通信制限がかかって、トップページがいつまでたっても開かない…

なんて事ありませんか?トップページ見るのも一苦労ですよね…ほとんどの会社は通信データ容量を超えると最大128kbpsの通信速度になります。

その比較をした動画を見てみてください。

僕は固定概念があってすごくビックリしたのですが、こんなに違うの?という位違います。

万が一高速データ使い切ってもなんとか乗り切れるくらいのスピードが出てるので、この後で書いてあるアプリを使えば、かなり節約できるではないでしょうか。

MEMO
1Mbps=1000kbps。大手キャリアは通信制限がかかると128kbpsになります。したがって、1Mbpsだと8倍早い計算になります。

国内通話10分かけ放題

「楽天でんわ」というアプリから電話をすると国内通話10分かけ放題になります。10分を超える通話は10円/30秒となります。

楽天でんわ 料金(月額)
楽天でんわ10分かけ放題(組み合わせプラン) 850円
楽天でんわ10分かけ放題(スーパーホーダイ) 無料

楽天モバイルの料金プラン「スーパーホーダイ」を利用してる方は無料。

「楽天でんわ」を使用せずに通話番号の先頭に「003768」を付けて発信しても利用可能。「楽天でんわ」を使えばこの「003768」を自動でつけてくれます。

例えば、相手から着信がありかけ直そうとしてリダイヤルするときは注意が必要です。

間違えて普通に電話をしてしまうと20円/30秒の通話料が発生しますので、着信履歴から番号をコピーして「楽天でんわ」から発信しましょう。

余ったデータ通信は翌月に繰越

データ容量6GBの契約で3GB使用してて、余ったデータ容量3GBは翌月に繰り越しできます。

繰り越したデータ容量は翌月までの使用期間です。楽天モバイル SIMアプリで節約すれば翌月はもっと使えますね。

楽天モバイルでは、翌月に繰り越したデータ容量から使われていきます。ライバル会社では定額分使用した後に、繰り越し分を使うところもありますよ。

 

楽天モバイル SIMアプリで高速データ通信のオンオフ切り替え

使用状況に応じてで高速データ通信のオンオフをタップで切り替えができるアプリです。

このアプリのおかげで、データ容量の節約が可能になります。

高速通信を必要とする時にはON、必要ない時はOFFにしておけば賢くデータ通信量を節約できます。

余った高速データ通信容量は翌月に繰り越しできるので、無駄がないですよね。

利用契約期間が過ぎれば契約解除料なし

 

楽天モバイルでは選べる最低利用期間があり、1年間、2年間、3年間と自分で選ぶことができます。

自分で契約年数を設定できるのもありがたいですよね。計画的に使うことが出来ます。

1年だと一番高い料金になりますが、2年間、3年間を選ぶと長期割が適用され料金が安くなります。

当たり前ですが、選択した期間内に楽天モバイルを解約した場合、契約解除料9,800円が発生しますので、注意してください。

契約期間が過ぎた後はいつでも解約することができます。なので更新月というものがありません。

楽天モバイルのスーパーホーダイ月額1,480円〜

料金プラン【組み合わせプラン】

組み合わせプランはデータ容量や通話オプションを自由に選択することができるプラン。

こちらで契約する方は、タブレットやipad、モバイルルーター、お子様に向けての方が多いです。

通話SIM データSIM(SMS有) データSIM
回線種類 ドコモ回線・au回線 ドコモ回線・au回線 ドコモ回線
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円
  1. 余ったデータ通信は翌月に繰越
  2. データーシェア
  3. ドコモ回線・au回線選べる
  4. プラン変更可能

余ったデータ通信は翌月に繰越

スーパーホーダイで説明した通りなので省略

データシェア(ドコモ回線)月100円(税別)

データシェアは家族でも、ひとりでも分けあえます。高速データ通信容量(以下、データ通信量)の前月繰越分を、翌月に契約者間で分けあえます。

ご本人やご家族に限らず、「楽天モバイル」のご契約者であれば誰とでも設定可能です。

高速データ通信量が余っていなければ分け合えませんのでご注意ください。

※最大5回線までシェア可能

ドコモ回線・au回線選べる

ドコモ回線はスーパーホーダイのみで、組み合わせプランはドコモ回線とau回線を選べます。

プラン変更可能

「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」内で、ご利用プランを変更できます。

※各SIMタイプ:通話SIM/データSIM(SMSあり)/050データSIM(SMSあり)/データSIM(SMSなし)はそのままでのプラン変更となります。

楽天モバイルのスーパーホーダイ月額1,480円〜

楽天モバイルのスーパーホーダイ契約者特典

楽天モバイルのスーパーホーダイ契約者には初月の料金がお得になるサービス。

対象がスーパーホーダイのプランM・L・LLが対象で初月のプラン料金がプランSと同じになります。

とれぷっと

プランLLだとめちゃくちゃお得だね!

初月だけプランLLにして翌月はプランSに戻すことも可能。しかも変更手数料無料なんです。

楽天モバイルのメンバーステーションにて毎月1日〜25日23時29分までにプランを変更すれば、翌月は変更されたプランになります。

 

下の表は初月料金の一覧表です。

初月の料金 3年契約 2年契約 1年契約
楽天会員ではない方 1,980円 2,480円 2,980円
楽天会員 1,480円 1,980円 2,480円
ダイヤモンド会員 980円 1,480円 1,980円

 

楽天モバイルにはドコモ回線とau回線の2種類

楽天モバイルはドコモ回線とau回線、2種類の回線を借りて運営しています。

携帯電話をドコモで契約した方はSIMロック解除なしで「スーパーホーダイ」を選ぶことが出来ます。

au回線の方は組み合わせプランであればSIMロック解除は必要ありませんが、スーパーホーダイを選ぶのであればSIMロック解除する必要がある。

ソフトバンクの方は楽天モバイルに乗り換える時はSIMロック解除が必須となります。

スーパーホーダイ 組み合わせプラン
ドコモ SIMロック解除必要無し SIMロック解除必要無し
au SIMロック解除必要 SIMロック解除必要無し
ソフトバンク SIMロック解除必要 SIMロック解除必要

 

MEMO
SIMロック解除とは、スマートフォンなどの端末で、特定の携帯電話会社のSIMカードしか利用できない「SIMロック」という制御を解除することを指します。

 

au回線でもSIMロック解除すれば「スーパーホーダイ」を選択できるので、auショップか「My au」にてSIMロック解除することが出来ます。

ソフトバンクはSIMロック解除がどちらもプラン(スーパーホーダイ・組み合わせプラン)でも必要なので、ソフトバンクショップか「My ソフトバンク」でSIMロック解除する必要があります。

楽天モバイルのメリット

キャリア携帯(ドコモ・au・ソフトバンク)から楽天モバイルに乗り換えると、値段の安さにビックリします。

月額1,480円で2年間一定の金額

12カ月 24カ月
スーパーホーダイ プランS(1,480円) 17,760円 35,520円
キャリア携帯(7,000円) 84,000円 168,000円

スーパーホーダイのプランSなら2年間1,480円の契約ができます。

1年間の料金と2年間の料金で比べてみましたが、こんだけの差があるんです。

しかもこれはお一人様の金額なのが恐ろしくて、2人、3人と家族がいれば、とんでもない金額になりますね。

楽天モバイルの安さに慣れてしまうと、もう戻れなくなります…

プランS・プランMの記事はこちら

楽天モバイルの料金プランはプランSで決まり!月額1,480円は本当か? 楽天モバイルの料金プランはプランMがおすすめ?月額2,480円は妥当か

楽天市場で楽天スーパーポイントが貯めやすい

楽天市場で買い物すると楽天スーパーポイントが貯まると思いますが、そのポイントが楽天モバイルを契約するとさらに2倍付与されます。

 

 

楽天会員のみで買い物すると、通常1倍のポイントが付与されますが、楽天モバイルに契約すると合わせて3倍となり通常より多くポイントが付与されます。

さらにこのポイントを楽天モバイルの携帯料金に使うこともできるため、いつも楽天市場で買い物してる人にはおすすめです。

ポイントを効率よく貯める記事

楽天モバイルでポイントを6倍にする方法!【楽天スーパーポイント】

楽天モバイルの利用料金を口座振替へ

楽天モバイルの利用料金を口座振替に出来ます。(多少条件あり)

格安SIMを扱ってる会社は、ほとんどがクレジットカード払いとなっているため、キャリア携帯と同じように口座振替を利用したい方は、楽天モバイルで出来ます。

ただ、携帯端末や携帯のアクセサリー類は口座振替に対応してないので、あくまでも月額の利用料金のみとなってます。

 

口座振替 楽天スーパーポイントで
全額/一部を支払う
※上限30,000(ダイヤモンド会員の方は500,000)ポイントまで
月々の費用 月額基本料 ×
オプション料金
通話料
ユニバーサルサービス料
契約関連費用 事務手数料
契約解除料
端末/ アクセサリー 費用 一括払い ×  代金引換の対応は可

◯  30,000円以下

ダイヤモンド会員の方は500,000円)

分割払い(全24回) × ×

 

口座振替の設定にすると月額100円の手数料がかかります。

そして、楽天スーパーポイントを楽天モバイルの利用料に支払えなくなるので、クレジットカードでの支払い手続きをおすすめします。

2回線目からもっとお得になる!

2018年10月から始まってるサービスですが、2回線目からの割引とキャッシュバックが、かなりお得です。

 

キャンペーン内容(通話SIM)
  • 月額基本料が3カ月無料(開通月が1カ月目)
  • 指定銀行口座に5,000円のキャッシュバックもしくは同時購入する端末を5,000円割引

 

キャンペーン内容(データSIM)
  • 月額基本料が3カ月無料(開通月が1カ月目)

 

家族持ちの方は、2回線目を契約すると料金がすごく安くなりますね!

例 スーパーホーダイのプランS

1,480円×9カ月(3カ月無料)

=13,320円−5,000円(キャッシュバック)

=8,320円(1年間)

とれぷっと

こんなに安くなるは嬉しいですね!

今のところまだキャンペーンは続いてますが、いつキャンペーンが終わるかわからないので、もし検討してる方がいればお早めに契約することをおすすめします。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルを検討してるけど、デメリットって何かあるかな?と思うのですが、そこを具体的に上げていきたいと思います。

通信が混み合う時間帯

楽天モバイルのHPでは12時〜13時と18時〜19時をさしています。

他の格安SIMも同じように遅いとの口コミがあり、楽天モバイルだけではないのですが、メールやツイッターのような文字が多いものは比較的スムーズ。

インスタグラムやフェイスブックなど画像が多いところでは遅さを感じると思っていた方がいいです。

対策としてはWi-Fi環境あるなら利用したり、その時間に重たいデータ通信しないようにすればいいと思います。

楽天でんわのアプリを使用

10分以内の国内通話無料のスーパーホーダイですが、アプリを使用して電話をしないと恩恵を受けれません。

電話をよくする人には慣れてもらうしかありませんが、くせで着信からのリダイヤルには注意が必要です。

このアプリに着信機能がないので、通常の電話アイコンに着歴がつきます。

間違えて普通に電話をしてしまうと20円/30秒の通話料がかかります。

10分間の国内通話が無料できるので、多少の操作と携帯電話料金が安いので我慢といったところでしょうか。

楽天モバイルの実店舗が少ない

大手キャリアの実店舗docomo・au・ソフトバンクは今ならすぐ近所で見つかりますよね。

何か困ったことがあればキャリアの実店舗に行き、すぐに対応してもらえます。

楽天モバイルでは実店舗あるのですが、まだまだ少ないです。

楽天モバイルは全国に1箇所以上ありますが、突然の携帯の故障などはすぐに対応できると思えないので大事に扱うことと、携帯を守る保護シートやケースは絶対に必要と思います。

ですが楽天モバイルもそんな塩対応だけではないのでちゃんと補償や修理できます。

詳しくは 楽天モバイル まで

iphoneならアップルストアで修理ができますし、アップルケア(有料)に入るという手もあります。

新しくiphoneにするならアップル公式HPで購入する方法とか、中古で良いならネットショップでiphone売ってます。

アップル公式だと新品で税込66,744円ですが、公式よりもショップの新品の方が安いです。

【新品】SIMフリー iPhone7 32GB ゴールド Apple MNCG2J/A iPhone 本体

created by Rinker

【中古】美品 SIMフリー iPhone7 32GB シルバー Apple MNCF2J/A iPhone 本体

created by Rinker

楽天モバイルで契約して、楽天市場で購入すればポイントも通常よりも多くゲットできます!携帯を新しくするタイミングで利用しましょう。

キャリアメールが使えなくなる

大手キャリアのdocomo・au・ソフトバンクはキャリアメールというものがあります。

  • docomo.ne.jp
  • ezweb.ne.jp
  • softbank.ne.jp

というアドレス見たことありますよね。楽天モバイルではrakuten.jpになります。

最近はLINEやGmailが普及して使う方も減ってきましたが、ガラケーの時代からずっと使っているという方もまだまだ多いようです。

例えば、おばあちゃんおじいちゃんにキャリアメールで教えてあるといった時に困るかも知れません。

おじいちゃんおばあちゃんのキャリア携帯に楽天モバイルからメールを送ると、おじいちゃんおばあちゃん側の携帯で迷惑メール機能が働き受け取れないという事が考えられます。

楽天モバイルのrakuten.jpを受信許可してもらうか、SMSやLINEで連絡をすることになりそうなので、考えておきましょう。

楽天モバイルのスーパーホーダイ月額1,480円〜

楽天モバイルは自社回線を発表|最新の対応機種

2019年10月より楽天モバイルは自社回線を順次取り進める発表をしています。

どういう事かと言いますと、「docomo」「au」「softbank」に並ぶ第4のキャリアとなります。

とれぷっと

ドコモ・au・ソフトバンクの3社で今後ずっと変わらないと思ってただけに、ビックリしました!

その楽天モバイルが自社回線の対応機種(10機種+ルーター1機種)がすでに発売しています。

自社回線の対応機種

  • HUAWEI P30 lite
  • OPPO Reno 10x Zoom
  • AQUOS zero SH-M10
  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • HUAWEI nova lite 3
  • OPPO AX7
  • OPPO R17 Pro
  • OPPO Find X

まだ12機種しかなく今後はもっと確認が取れ次第、対応機種が増えると思います。

対応機種についてまとめてますので、気になる方は下記の記事をご覧ください。

楽天モバイルの独自回線(2019年10月以降)すでに対応機種が登場!

まとめ

楽天モバイルの料金プランを紹介しました。使い方次第で半額以上安く、携帯電話料金を抑えれるようになりますよね。

携帯料金を安くしたい、楽天モバイルでも普通に使えるかどうかだと思います。

口コミで色々な情報が拾えますが、使ってみないと実際わからないことがいっぱいあります。

例えば月8,000円の支払いの人は年間で96,000円です。

楽天モバイルの料金プランで月3,000円の支払いとなれば年間で36,000円となり、その差は60,000円です。

こんなにも節約できるなら、大手キャリアユーザーは更新月の時に切り替えた方が断然お得。

楽天モバイルの料金プランで「スーパーホーダイ」のおすすめポイントは下記の通り

  • 高速データを使い切っても最大1Mbpsの速度で使い放題
  • 国内通話10分かけ放題
  • 余ったデータ通信は翌月に繰越
  • 天モバイル SIMアプリで高速データ通信のオンオフ切り替え
  • 利用契約期間が過ぎれば契約解除料なし

携帯電話の会社を楽天モバイルに変更するだけです。MNPができて電話番号もそのままです。

少しでもこのブログを見てお役に立てて入れば幸いです。

docomo(ドコモ)と楽天モバイルを比較!【ギガホ・ギガライトの説明付】

楽天モバイルのスーパーホーダイ月額1,480円〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です